この掲示板は現在書込み禁止になっています。 今後は以下をご利用ください

関連ページ

使い方

投稿一覧
投稿画面へ

[10] Rev. 1.30 翻訳候補2

Spiegel / Baldanders [URI] 2006/03/12(Sun) 10:52 [返信][修正][削除]

je2bwm さんの訳をマージした版をアップしました。

http://~

> (01) 最後の英文の行の、*C のところ、
> dialog off of the advanced menu
> これって、off of は of の誤記なんでしょうかね?
> そう思ってますがちょっと不安。

多分 typo だと思うんですけどね。確認しないといけないかな。
他に間違っていると思われる部分として

> #: clientgui/MainFrame.cpp:2051
> #, c-format
> msgid ""
> "%s is not currently connected to a %s client.\n"
> "Please use the 'File\\Select Computer...' menu option to connect up to a %s client.\n"
> "To connect up to your local computer please use 'localhost' as the host name."

は 'File\\Select Computer...' ではなくて 'Advanced\\Select Computer...' ですね。日本語版はわざと「メニューの [高度な設定(D)] から...」としています。

> (02) 英文 *A の末尾の or の切れ方

これは私のほうの翻訳ミスでした。修正しています。

> (03) default connection の訳し方

default というのはあいまいな表現なので厳密に考えると分からなくなりますよね(うちの職場でもなるべく使わないようにしています)。
今回のケースについては Windows 日本語版にあわせて「通常の接続」としてみました。他にも Windows に合わせた部分として

connections → 接続(以前はインターネット接続)
Virtual Private Network → 仮想プライベートネットワーク
Dial-up → ダイヤルアップ (以前はダイアルとで表記が揺れていた)

という感じにしています。
ダイヤルアップの設定は Windows IE の接続プロパティと連動しているのであまり深く考えずに訳語をあわせていけばいいんじゃないかなぁという気もします。

> (01) 上記 *A は、「今、繋がったところだよ」といっているのか?

これは je2bwm さんの訳のほうがいいと思います。のであわせてみました。


[2] Rev. 1.28 登場 (1.30 も)

Spiegel / Baldanders [URI] 2006/03/08(Wed) 09:08 [返信][修正][削除]

BOINC Manager.po の Rev. 1.28 (BOINC 5.4 base) が出ているようです。

ゲームしてる場合ぢゃないな。

[48] Re: 日本語化 文字化け

Leo 2007/05/08(Tue) 02:30 [edit][del]

ありがとうございました。

[18] Re: 日本語化 文字化け

Spiegel / Baldanders [URI] 2006/05/18(Thu) 21:05 [edit][del]

とりあえず該当部分の翻訳を原文に戻したものを以下に置きました。
(BOINC Manager.po/mo は変更していません)

http://~

これで表示させてみてください。

[19] Re: 日本語化 文字化け

regulus 2006/05/18(Thu) 23:27 [edit][del]

▼Spiegelさん:

早速、新しいファイルを試してみました。
原文に戻りますが、文字化けはなくなりましたのでご報告します。
ありがとうございました。

>とりあえず該当部分の翻訳を原文に戻したものを以下に置きました。
>(BOINC Manager.po/mo は変更していません)
>
> http://~
>
>これで表示させてみてください。
>問題なければとりあえずこれでいこうと思います。(バージョン管理をどうしよう)
>もし何かあれば http://~ までお願いします。

[43] 削除されました。

2007/02/05(Mon) 11:56 [edit][del]

削除されました。

[40] 削除されました。

2007/01/17(Wed) 07:57 [edit][del]

削除されました。

[41] 削除されました。

2007/02/01(Thu) 18:31 [edit][del]

削除されました。

[21] Re: Rev. 1.33

Spiegel / Baldanders [URI] 2006/08/20(Sun) 19:00 [edit][del]

ご指摘により訳が不自然な部分を修正してみました。
BOINC_Manager_rev_1_33.ja2.zip です。

diffファイルも同梱していますので参考にしてください。

[14] Rev. 1.32 翻訳候補 (Re: Rev. 1.30 翻訳候補4)

Spiegel / Baldanders [URI] 2006/03/27(Mon) 23:09 [edit][del]

と思ったら Rev. 1.32 が出ました。
対応版を公開しました。

[11] Re: Rev. 1.30 翻訳候補2

je2bwm [URI] 2006/03/12(Sun) 17:13 [edit][del]

je2bwmです。

お疲れさまです。その後気がついたことを書きます。


(001) 選択的な2つの文

 > #: clientgui/BOINCGUIApp.cpp:184
 > msgid ""
*A> "This will shut down your experiment "
 > "until it restarts automatically\n"
 > "following your user preferences. "
*B> "Close window to close the manager\n"
 > "without stopping the experiment."
 > msgstr ""
 > "ユーザ・プレファレンス (好みの設定) に従って\n"
 > "自動的に再起動するまで実験を停止します。\n"
 > "実験を停止せずにマネージャ・ウィンドウを閉じてください。"

上記の *A と *B の繋がりが、そのまま訳すとなにか変。
後半 *B は、完全に停める *A とは違う選択肢を提示して
いるように読めるので、もし完全に停めたくないなら・・・
せよ、というように to close ... のところを解釈して
訳すというのはどうでしょうか。


 
(002) 設定だけではなく、操作

  Advanced のメニューですが、設定だけでなくて
  選択、実行、再試行なども含んでいますので、
  設定以外のことも含む用語のほうが良いと思います。
  
#: clientgui/MainFrame.cpp:537
msgid "A&dvanced"
msgstr "高度な設定(&D)"


(003) 編集のしかかり

  下記の続きのところが編集状態がすこし変です。

#: clientgui/MainFrame.cpp:1092
msgid ""
"This will shut down your tasks until it restarts automatically\n"
"following your user preferences. Close window to close the manager\n"
"without stopping the tasks."


(004) 接続中という表現は、接続できている状態を表わすのか
   まだつながっていないときにつなごうと処理をしている
   最中の状態なのか、あいまいに感じることがあるので、
   避けたほうが無難とおもいます。

#: clientgui/MainFrame.cpp:1812
#, c-format
msgid "Connecting to %s"
msgstr "%s に接続中"


(005) 下記の pending は クライアントの中のスケジューラが
  サーバへ要求を出す行動を pending にしているという
  文脈だと思います(通信失敗を経験したなどの理由で)。
 
  未定と訳されたのは、クレジットの値が未定というような、
  サーバ側での pending の話と解釈されたのだと思います。
 
  どちらの文脈かこのファイルだけからだとわからないのですが
  プロジェクトの表示画面あたりなので、クライアント側
  スケジューラのほうの文脈ではないかと推測しています。

#: clientgui/ViewProjects.cpp:684
msgid "Scheduler request pending"
msgstr "スケジューラ要求が未定"


(006) エディトリアル 
  下記の 「翻訳準備中」は私のメモが混入したと思います。
  削っておいてください。

# 翻訳準備中
#: clientgui/ViewStatistics.cpp:684
msgid "Mode view"
msgstr "表示モード"

今日はここまで

[12] Re: Rev. 1.30 翻訳候補2

Spiegel / Baldanders [URI] 2006/03/12(Sun) 22:45 [edit][del]

BOINC_Manager_rev_1_30.ja3.zip をアップしました。

http://~

> (001) 選択的な2つの文

この部分は私自身しっくり来なかったのですが,
アドバイスのとおり修正してみました。

> (003) 編集のしかかり

編集途中のままアップしてしまいました。
上の同じような内容ですので合わせました。

> (002) 設定だけではなく、操作

了解です。修正しました。

> (004) 接続中という表現は、接続できている状態を表わすのか
>    まだつながっていないときにつなごうと処理をしている
>    最中の状態なのか、あいまいに感じることがあるので、
>    避けたほうが無難とおもいます。

確かに体言止めっぽい表現だと分かりにくいので「%s に接続しています」といった表現に切り替えました。(いや,戻したかな)

> (005) 下記の pending は クライアントの中のスケジューラが
>   サーバへ要求を出す行動を pending にしているという
>   文脈だと思います(通信失敗を経験したなどの理由で)。

実はそのつもりだったのですが,分かりにくいですね。
「スケジューラへの要求を保留」と変えました。

[3] Re: Rev. 1.28 登場 (1.30 も)

Spiegel / Baldanders [URI] 2006/03/10(Fri) 22:47 [edit][del]

とりあえずたたき台となるものを公開しました。
トップページ下の変更履歴にリンクがあります。

また以下に翻訳の一覧を載せました。
http://~

参考にしてください。

[4] Re: Rev. 1.28 登場 (1.30 も)

je2bwm [URI] 2006/03/11(Sat) 15:18 [edit][del]

je2bwm です。

どうもお疲れさまです。

(1) 並行して作業してしまったようです。

私の用意したものを、下記の URLに置きました。 英語の版数で
1.28と1.30 の 翻訳にあたります。(文字コードはSJISです)。

http://~


(2) ペアで使える BOINC マネージャはどこかにあります?

新しく追加された文言の部分は、実行して表示させるための
BOINC Managerがダウンロードできないので、手詰まり状態
です。


(3) BOINC Manager と BOINC マネージャ

BOINC Manager と GridRepublic Manager の両方に使える
ように修正が入っているのが気になってます。
今まで翻訳ファイルを通じて、 「BOINC マネージャ」と表示
できていたところが、一部は "BOINC Manager" と表示されて
しまいそうです。ソースファイルの中で、%s に
アプリケーション名から取り出した BOINC Manager か
GridRepublic Manager かを選んで出しています。
(clientgui/MainFrame.cpp V1.107 line 338 あたり)

話がもっと面倒なのは、ショートカットの(&BOINC Manager)
というところです。下記の%sに BOINC Manager か
GridRepublic Manager が入るので、& の印が BやGの前に
ついてくれるのですが、 「BOINC マネージャ(&B)」と
日本語向けに出そうとしても無理があります。

> #: clientgui/MainFrame.cpp:468
> #, c-format
> msgid "&%s\tF1"
> msgstr ""

英語に依存していて問題なので、元に戻せないかとRom Walton に
loc_boinc でお願いしてみましたが、自分宛のメイル以外みて
いないのか応答がまだありません。

訳を全部 BOINC Manager にするのも気持ち悪いなあと思っています。


(4) user の訳

私だけのこだわりかもしれませんが、 BOINC の性格からして、
ボランティアで参加している人達を、ユーザと呼びたくありません。
(詳しくは、http://~ 参照)

バークレーの人達には、英文でも user ではなくて、participant
を使ってくれと何回かお願いしていますが、ときどき採用してくれる
程度で修正してくれる程度で、全部直してくれません。
そこで、私の手が届く範囲の訳では、 BOINC プロジェクトへの
参加者を意味する user を ユーザ/利用者/使用者 などと訳すことは
せず、参加者と訳すか省いて済ませています。

この趣旨に共感していただけるなら、訳にも反映していただけませんか。


Rgds. je2bwm

[5] Re: Rev. 1.28 登場 (1.30 も)

Spiegel / Baldanders [URI] 2006/03/11(Sat) 17:03 [edit][del]

> (1) 並行して作業してしまったようです。

ああ、やっぱり。
こちらでマージ作業をしますのでお気になさらないでください。
最近仕事がヒマなので色々できて楽しいです。

> (2) ペアで使える BOINC マネージャはどこかにあります?

Web 上では出てきませんが 5.3.25 が使えます。

http://~

私もこれで確認作業を行っています。

> (3) BOINC Manager と BOINC マネージャ

これはちょっと面倒な感じですね。まぁしばらくは静観でしょうか。

> (4) user の訳

この件については了解です。
現在、翻訳作業のルール(というか指針のようなもの)を作成中です。
できるだけ多くの人に参加してもらいたいですので。

http://~

[6] Re: Rev. 1.28 登場 (1.30 も)

je2bwm [URI] 2006/03/11(Sat) 21:39 [edit][del]

je2bwm です。

>> (2) ペアで使える BOINC マネージャはどこかにあります?
> Web 上では出てきませんが 5.3.25 が使えます。

下記が、今アクセスしてもファイルがない(404)のですよ。(私だけかな?)
boinc.berkeley.edu/dl/boinc_5.3.25_windows_intelx86.exe

訳を比べみましたが、Spiegelさんのほうが完成度が高かった
ですね。私のは見直しをする前のものだったので、抜けがあったり
とか用語あわせがまだできてませんでした。比べてみていくつか
不備がみつかりました。

[7] Re: Rev. 1.28 登場 (1.30 も)

je2bwm [URI] 2006/03/11(Sat) 22:46 [edit][del]

je2bwm です。

下記のところ、まだ実物を動かしてみてないので
的外れなことを書くかもしれませんが、気になること
が3つほどあります。

> #: clientgui/BOINCDialupManager.cpp:312
> #, c-format
> msgid ""
> "%s is unable to communicate with a project "
> "and no default connection is specified.\n"
*A> "Please connect up to the Internet or "
*B> "specify a default connection via the connections\n"
*C> "tab in the Options dialog off of the advanced menu."
> msgstr ""
> "%s はプロジェクトと通信できません。また"
> "「指定なしの場合のダイアルアップ接続」も指定"
> "されていません。\n"
> "「拡張」メニューから「オプションの設定」ダイアログの"
> "「ネットワーク接続」タブを開いて\n"
> "インターネット接続を行うか「指定なしの場合の"
> "ダイアルアップ接続」を指定してください。"
>

(01) 最後の英文の行の、*C のところ、
dialog off of the advanced menu

これって、off of は of の誤記なんでしょうかね?
そう思ってますがちょっと不安。


(02) 英文 *A の末尾の or の切れ方

私は、*B、*C の行をまとめた固まりが、*A と or で
並置されていると読みました。
つまり、*A の「インターネットへの接続をせよ」は、
*B-*Cの「ネットワーク接続タブ」とは関係がない
と思ったのです。

BOINC マネージャの実物では、connections tab の
あたりにインターネットへの接続操作のような感じ
のものがあるのかなあ。


(03) default connection の訳し方

default を デフォールトと訳すのに今まで心理的に
抵抗があってじたばたしてきました。つまりすこし
長めの訳になるけれども、
「特に指定しない場合の・・・」 といったように
訳文を組み立てていたのですが、Windows のダイヤル
アップ関連で、英語では「default connection」というのが
用語としてあるようです。

日本語版の Windowsに用語をあわせるのはしゃくなのですが、
操作がうまくできない訳になってしまっては、意味がないので、
Windowsの 日本語版はどうなってるかすこし探しました。

日本語版の XP だと、コントロールパネルの インターネット
オプションの中に「接続」タブがあり、その中に、
「通常の接続でダイヤルする」というのがあります。
どうもこれが、「Always dial my default connection」
を訳したものらしいのです。

default connection が「通常の接続」ですか?
この用語を BOINC マネージャ全体に使ってうまくいくだろうか。


動く BOINC マネージャで試せたら、また連絡します。

[8] Re: Rev. 1.28 登場 (1.30 も)

je2bwm [URI] 2006/03/11(Sat) 23:17 [edit][del]

je2bwm です

次は以前の訳を見直したいという話です。

> #: clientgui/BOINCDialupManager.cpp:402
> #, c-format
*A> msgid "%s has detected it is now connected to the Internet. "
*B> "Updating all projects and retrying all transfers."
*C> msgstr ""
*D> msgid "BOINC has detected it is now connected to the internet. "
*E> "Updating all projects and retrying all transfers."
> msgstr "%s はインターネットへの接続を完了しています。"
> "プロジェクトの設定を更新しデータ転送を再開しています。"


(01) 上記 *A は、「今、繋がったところだよ」といっているのか?

以前は自信があまり無かったのですが、どうも *A のところ
は、「今ちょうどインターネットへ繋がったところだ」と
言っているように思えてきました。「now」を現在の静的な
状態を言っているのにとどまらず、状態が変化して今、こう
なったのだ、という意味で解釈するということです。

この文が出力される場面がどういうときなのか、ソースを
追いかけることが面倒でできていないので、文面からの
推測です。
この解釈をとったときの私の案は以下です。

msgstr "%s は現時点でインターネットへの接続ができている"
"ことを検出しました。すべてのプロジェクトについて更新処理"
"を行い、すべての転送処理の再試行をしています。"



(02) *C *D *E のところは消しわすれ。

たまたま poEDITでもエラーが出ないケースでした。


[9] Re: Rev. 1.28 登場 (1.30 も)

Spiegel / Baldanders [URI] 2006/03/12(Sun) 00:22 [edit][del]

クライアントのほうは 5.3.24 でも検証可能なようです。
っていうか私も取りに行こうとしたらダメでした。

http://~

それ以外の件については明日にでも。

22件中の 21 ~ 22 番目の記事です。

前へ | 1 2 3

メッセージフォーム

タイトル
名前
メールアドレス
URL
コメント
 
ポリシーを読んだ (運用ポリシーはこちら
パスワード
(修正・削除用)
(英数字)